頼りになるかかりつけ医の探し方

>

医療機関としての頼りがい

この記事をシェアする

複数の専門医が在籍している

医療機関として力があると言えばどんなことを想像されるでしょう。いろんな医療機器がある、また複数の治療科があるのは大切。そのためには医療機関として複数の専門医がいるというのは外せないところではないでしょうか。
例えば内科専門であったとしても、消化器内科をはじめ呼吸器内科、循環器内科、血管内科や内分泌内科など様々な内科があるものです。そして消化器内科にかかっている間に血管内科も受診すべき案件が出る等、身体には一つだけでなく複数の問題が生じることもあります。これは内科だけに限らないことです。例えば整形外科であっても患部の治療はもちろん、その後のリハビリも同じ病院で一緒に行えることが利便性へとつながります。
1つの専門科だけでなく、いくつかの科を受診できるということは、通いやすい医療機関として選べるポイントといえるのです。

突発的な症状にも対応可能か

複数の専門医が存在している医療機関であるだけでなく、例えば突発的な症状が発症した時にもどのように対応してくれるかということで、その医療機関の底力を感じることができます。
例えば普段消化器内科に受診しているという場合、医療機関から出された投薬を服用していても、日々の生活のなかで急な痛みに襲われることもあり得ます。そんな突発的な痛みが生じたとき、医療機関に連絡しても予約が無ければ受診できないと断られたらどうでしょう。頼りになるとはいえません。
医療機関なのですから、普段の平穏時だけでなく急な症状の発症時にも例え予約が無くても対応してくれるかどうか、これは通いやすい医療機関であるのかを判断する上で、むしろ欠かせないポイントともいえます。


▲ TOPへ